バリアフリー化を目指すためにおすすめのリフォーム例を紹介!

リフォームで安全面を考慮!段差の解消などバリアフリー化を目指す

バリアフリー化を目指すためにおすすめのリフォーム例を紹介!

作業員

手すりの設置

色々な目的を持ってリフォームをしますが、その中の1つにバリアフリー化が挙げられます。住みやすい住宅にするために、横浜などではバリアフリーリフォームをする家庭が増えています。特に新たに手すりを取り付けるのが人気です。リフォーム業者の他に手すりを取り付ける専門業者もいるので、要チェックですよ。

設計図

段差を無くす

バリアフリー化を目指すためには手すりの取り付け以外にも、段差を無くすことも大事でしょう。小さな段差でも転んでしまって怪我の原因となることがあるので、段差を解消すると良いですよ。リフォームでスロープを設置するのがおすすめとなっています。

リフォーム

床を滑りにくくする

ツルツルと滑るフローリングの床に危険性を感じる場合は、滑りにくい床にリフォームすると良いでしょう。特に水回りなどの床は転倒の危険性が高いので、そこだけでも滑りにくい床にすることです。

バリアフリー化を目指すならどう対応する?

業者に依頼する

住宅環境をバリアフリーにするためには、業者に依頼する方法が一般的となっています。きちんと工事をしてくれるので、トラブルも心配もないでしょう。綺麗な仕上がりと手間を省きたいのなら、業者に依頼すると良いですよ。

自分で対応する

一方で手すりの設置など簡単なものであれば、自分で対応できる場合もあります。なお、自分で対応する場合だと道具やアイテムを揃える必要があります。また、専門的な知識と技術が無いと、後から破損などのトラブルが発生する恐れもあるので気を付けましょう。

広告募集中